楽天カードはすべて年会費無料?どんな特徴やメリットがあるの?

年会費をかけずに持てることから人気がある楽天カード。

そんな楽天カードを持ちたいと考えている方も中にはいるかもしれません。

そこで、ここでは年会費無料の楽天カードについて詳しくご紹介していきますね。

年会費無料の楽天カードの良い点や悪い点を一緒に探ってみましょう。

楽天カードの審査は通りやすい?申し込む時の条件や基準とは?

それではまず、楽天カードの入会条件や審査基準からご説明していきたいと思います。

年会費無料の楽天カードを作りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

楽天カードの入会条件

楽天カードの入会条件は、満18歳以上の方(高校生不可)となっています。

そのためアルバイトやパートの方、または学生や主婦の方までが申し込みをすることができますよ。

このように、入会条件はあまり厳しくないのでぜひ申し込みをしてみてくださいね。

楽天カードの審査基準

楽天カードの審査基準には、以下の2つがあります。

  • 安定した収入があるかどうか
  • 過去にクレジットカードを持っていて問題を起こしていないかどうか

入会条件は高校生以外の18歳以上の方であれば誰でもOKということになっているのですが、だからといってまったく収入がなくても審査に合格できるというわけではありません。

きちんと返済をしてくれるのかどうか会社側に判断をしてもらうためにも、ある程度の収入が必要となります。

また、過去にクレジットカードを持っていて問題を起こしている場合も不利になってしまいます。

期限を過ぎてから支払いをすると、会社側の信頼を失ってしまいかねないので注意しましょう。

年会費無料の楽天カードの特徴は?持つとどんなメリットがあるの?

では、年会費無料で作ることができる楽天カードにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか?

その詳細を見ていきましょう。

楽天市場でポイントをお得に貯めることができる

楽天カードを持っていると、楽天市場でポイントをお得に貯めていくことができます。

カードを所持しているだけで、最大3倍のポイントを付与してもらうことができますよ。

楽天市場でよく買い物をする方にとって、ポイントが多くもらえるというのはとても嬉しいことですよね。

ですから楽天市場の利用頻度が高い人にはおすすめのカードとなっていますよ。

豊富なデザインの中からお気に入りの1枚を選ぶことができる

楽天カードには豊富なデザインが用意されています。

デザインの種類には、楽天カードのイメージキャラクターでおなじみのお買い物パンダやディズニーデザインなどがありますよ。

また、野球やサッカーなどスポーツ系のデザインもあるのでそれらの中から自分の好きなデザインを選ぶことができます。

楽天カードの種類ごとに異なる特徴がある

年会費無料の楽天カードには、それぞれで異なる特徴があります。

それはどのような特徴なのかというと、次のようなものがあります。

カードの種類 特徴
楽天ピンクカード l  楽天グループ優待

l  ライフスタイル応援

l  女性のための保険

3つのサービスからお好みのサービスを複数選択できる

楽天カード アカデミー アカデミー会員だけの特典として、

l  楽天ブックス‥ポイント最大5倍

l  楽天トラベル‥ポイント最大3倍

l  楽天ダウンロード‥ポイント最大3倍

このようにポイントを通常よりも多く付与してもらえる

楽天銀行カード 楽天銀行で普通預金をすると金利が通常の2倍になる

同じ年会費無料の楽天カードでも特徴が変わってくるので、自分の目的や用途に合ったカードを作ってみてくださいね。

楽天カードの種類については下記サイトを参考に抜粋しています。

楽天カード(マルクレ|クレジットカードの困ったを解決!)

楽天カードはすべて年会費無料という訳じゃない?持つ時に注意するべきことは?

楽天カード
楽天カード 年会費永年無料
楽天ピンクカード
楽天銀行カード
楽天カード アカデミー(学生専用)
楽天ANAマイレージクラブカード 初年度無料

翌年以降~540円(税込)

※年に1回以上利用すると翌年も無料になる

楽天ゴールドカード 2,160円(税込)
楽天プレミアムカード 10,800円(税込)
追加カード
家族カード 年会費無料
楽天ETCカード 540円(税込)
楽天ビジネスカード 2160円(税込)

最後に、年会費無料の楽天カードを持つ時の注意点についてお伝えしていきたいと思います。

カードを作る前にチェックしておきましょう。

楽天カードの中には翌年以降から年会費が発生するものもある

楽天ANAマイレージクラブカードは年会費が無料となっています。

しかし、一度も利用しないまま翌年まで過ごしてしまうと年会費が540円に上がってしまうので注意が必要です。

期間内に一度以上利用をすると、翌年以降も年会費無料のまま使っていくことができますよ。

付帯している海外旅行傷害保険は利用付帯

楽天カードに付帯している海外旅行傷害保険は利用付帯となっています。

そのため保険を適用するには、次のようなことにカードを利用しなければいけません。

  • 自宅から空港までの交通費をカードで支払う(自家用車やレンタカー以外)
  • 航空券を楽天カードでお支払い
  • 航空券と宿泊がセットになっているツアーの料金をカード払い

無理にカードで支払わなくてもいい自動付帯の海外旅行傷害保険と比べると、どうしても不便に感じてしまいますよね。

海外へ行く時には、こういったことにも気を付ける必要があります。

追加カードのETCカードは有料

楽天カードは年会費無料のものが多くありますが、たとえ年会費無料のカードでも、追加で発行するETCカードなどは有料となっています。

ですからすべて無料で作ることができるわけではないので気を付けましょう。

楽天カードの公式サイトはこちら

まとめ

年会費無料の楽天カードについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

同じ年会費無料のカードでも、それぞれに違いがあることが分かりましたね。

また、年会費無料のカードを持つ場合にも注意点がいくつかあるようです。

しかし楽天カードを持っていれば楽天市場でお得にポイントを貯めることができるので、1枚持っておいて損はないと思います。

審査もそこまで厳しいわけではないので、収入の少ないアルバイト・パートの方や、学生・主婦の方まで申し込むことができますよ。

楽天カードを持ちたいと考えている方は、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね。